VAddyブログ

- 継続的セキュリティテストへの道 -

php[world]2015に参加しました

VAddyの海外プロモーションの一環として、2015/11/16からワシントンD.C.で開催されたphp[world]2015にスポンサーとして参加してきました。サービスのプロモーションで海外カンファレンスへの参加を検討している方もいると思うので、この記事が参考になれば幸いです。

image

なぜphp[world]を選んだのか?

VAddyは全世界のWebアプリケーション開発者をターゲットにしています。
日本国内ではミートアップやカンファレンスなどでVAddyを直接説明して意見を伺う機会がありますが、海外だとなかなかそうもいきません。ソーシャル・ネットワークやメール等で拾える声はたかがしれています。

VAddyを始めてから痛感したのは、サービスの開始直後は足を使わないとどうにもならないこと、直接会って話をする/聞くことが一番の近道ということです。

そういう意味でアメリカのWebアプリケーション開発者が一同に会するphp[world]はまさにうってつけでした。 php[world]とは各地でバラバラに開催されていたコミュニティを一同に集め、例えば利用している(好みの)フレームワークなどの垣根を超えて、開発者同士がPHPというキーワードのみで繋がろうというイベントです。
https://world.phparch.com/

ちなみに、ユーザーの参加費用は社会人枠で$950(早割あり)!
期間中の朝食/昼食/パーティーでの飲み物が含まれているとは言え、なかなかパンチのある金額ですね。


スポンサーについて

日本も同じですが、複数のスポンサーレベルが設定されており、我々はExhibitorというレベルで参加しました。Exhibitorにはカンファレンスのチケット1枚とスポンサーブースでのテーブルが用意されます。スポンサー費は公開されていないので正確な金額は控えますが、1人分のカンファレンスチケットを追加して日本円で50万円ちょっとでした(2人で参加した)。

image

会場であるホテルのロビーにスポンサーエリアが設けられ、各ブースには6ft(約1.8m)のテーブルが用意されます。ポスターを貼る壁は無いので、自立式のバナーを用意して持って行きました。

image

セッションが行われる部屋の移動には必ずスポンサーブースを通るようになっているので、人通りが無いという心配はありません。

また、参加者に配られる「パスポート」と呼ばれるパンフレットはスタンプラリー形式になっていて、スポンサーブースに立ち寄ってスタンプを集めると抽選でプレゼントをもらえます。少しでも多くの参加者をスポンサーブースに立ち寄らせようとする主催者側の配慮ですね。ありがたい。

image

右上のスタンプがVAddyです。よく見るとHNDって入っているの分かりますか?これはその企業の所在地の空港名です。HND=羽田空港です。


カンファレンスの様子

私はほぼスポンサーブースに居たので、セッションはほとんど聞いていません。(追加のカンファレンスチケットは要らなかったな・・・)
セッションの一部はYouTubeで公開されているので、興味のあるかたはこちらからどうぞ。
php[architect]チャンネル

image

約100名の方がVAddyブースに訪れてくれました。拙い英語でヒアリングした限りでは、セキュリティテストをやっているプログラマーはほとんど居ませんでしたね。これは日本と同じかな。VAddyが目指している路線は間違っていないはず。

image

ただ、ぱっと見てどんなサービスか分からなかった方が多かったようで、ポスターやパンフレットの見せ方を工夫したほうが良さそうです。「診断会社かい?」と聞かれたこともありましたし、CIに関連するツールと思われた方もいたようです(間違ってはないのですが)。
その辺りの感覚を肌で感じられたことは収穫でした。

image

CakePHPのリードデベロッパーであるMarkさんもVAddyブースに遊びに来てくれました^^

image

毎日夜にはパーティーが開催されます。ビール、ワインなどなど飲み放題!オフ会的な色も強いようで、参加者たちは久しぶりの再開に花を咲かせていました。

image

ちょうど開催期間中にDrupal8がリリースされたということで、11/19の夜にはリリースパーティーも開催されていました。


おまけ

image

会場はスタバのコーヒーが飲み放題!飲み過ぎて胃が痛くなりました^^

image

朝食とランチは用意されています。

image

PhpStormでお馴染みのJetBRAINSさんはドイツから来たそうです。

image

WordPress.comでお馴染み(?)のAUTOMATTICさんはもちろんWordPressグッズがたくさん。Tシャツいただいちゃいました。

image

CTFに集中している人がいたり。

image

Laravelの作者であるTaylorさんがいたので、知り合いの本を紹介してみたw
ゆるゆるとした楽しいイベントでした!

image

せっかくアメリカまで来たのだからと、Nate Abeleさんに会いにフィラデルフィアまで行ってきました! 2013年のLithium Tokyoで来日されたので、ご存知の方も多いのでは?
最近の仕事を見せてもらったり、VAddyのプロモーションのアドバイスをいただいたりと、楽しい時間を過ごしました。


まとめ

初めての海外カンファレンスへの出展はなかなか勇気がいると思います。お金もかかりますし。しかも直接的に数字に繋がるかというと必ずしもそうでは無いと思います。ただ、モニターの前で海の向うに思いを馳せていても何も出てきません。(許されるのであれば)とりあえず行ってしまうことをオススメします。拙い英語であっても一生懸命聞いてくれますし、何より彼らは非常にフレンドリーでした。

次回は未定ですが、年明けの早い段階で第二弾としてどこかのカンファレンスに出展する予定です。

今後ともよろしくお願いします。

VAddy西野

https://twitter.com/vaddynet

image